窓ガラス・サッシの事なら大阪の山田硝子店へご相談下さい!

防犯ガラス

防犯対策には防犯ガラス

空き巣などが用いる侵入の手口

平成21年上半期、警察庁の統計によると、侵入窃盗の手口別発生状況での割合の約半分が空き巣で、そのうち一戸建ての68.3%、中高層住宅の45.1%がガラス破りとなっています。空き巣などが用いる「ガラス破り」には、いくつかの手口があります。

防犯ガラス写真
  • 「打ち破り」

    物や道具を使用し、ガラス面を壊してから侵入する方法です。
    ガラスが割れるとき大きな音がするので、短時間で乱暴的な方法です。
  • 「こじ破り」

    ガラス引き戸の錠前付近を狙って、道具を使って穴をあけ錠前をあける方法です。
    出る音も小さく、時間も短くてすむ方法です。
  • 「焼き破り」

    バーナーやライターを使用しガラスを溶かしてしまう方法で、音もあまりしません。

侵入を防ぐには、五分間の耐久性

統計データによると、約7割の空き巣が、五分間以上かかると侵入をあきらめてしまうといいます。時間がかかればかかるほど、人に見られる可能性が高くなりますから、防犯ガラスには、この時間を稼ぐという役割があります。

防犯ガラスは、特殊な樹脂膜を、板ガラス二枚の間に挟み込んで、加圧圧縮しています。「打ち破り」「こじ破り」に対して、効力をもち、ガラス面に割れが生じても、樹脂膜があるため穴をあけることが難しくなっています。この樹脂膜のない、その他のガラスには防犯性能とよべる機能は、ほとんどありません。

防犯ガラス写真2
お問い合わせ
ページの先頭へ戻る
  • エコガラス
  • 防犯ガラス
  • 窓サッシ
  • テーブルトップ
  • ショーケース
  • 特殊スリガラス
  • ガラス表札
  • ガラスマウスパッド
  • リフォーム
ページの先頭へ戻る